不思議ちゃんって言うな

自分に自信のあるゴミになりたい

久しぶりに親と会って気付いたこと

こんにちは!

アダルトチルドレンとか自己肯定感とか引き寄せの法則とか、そういう系のワードに敏感系女子大生のくさひです。

私はネット大好きなオタク気質な人間なので、自分の生きづらさを解消するヒントになりそうなことについて書かれたサイトを読みまくっていた時期がありました…というか現在進行形でその時期です。(笑) 生きづらい人あるあるだと思うのですが、自分は発達障害ではないか?とか、一度は疑ったことないですか?私は一時期、自分はアスペルガー症候群だと思っていました。コミュニケーションが苦手すぎるから。でも、決まったやり方とかに対してのこだわりは無いし、どうなんだろう…と思っていたときにアダルトチルドレンという言葉を目にしまして。調べたところ、私はアダルトチルドレンの傾向が強いことを知りました。

それで、私は現在一人暮らし中なのですが、この前久しぶりに両親に会いまして。私が冬休みに帰省しなかったので、寂しくて来ちゃった☆的なノリで、両親が突然アパートを訪問して来たんです。で、3人でご飯を食べに行くことに。レストランに向かう車中で、私はずっと、いきなり押しかけられたことへの不満を漏らしていたら、父の機嫌が悪くなったのを感じたんですね。で、自分でも驚いたのですが、父の機嫌が悪いのを察知した瞬間、「機嫌を取らなきゃ!」という思考が頭をよぎったことに、自分で気がつけたんです。

ちょっと前の私だったら、無自覚に父の機嫌を取ろうとしていたと思うんですが、自分の悪い思考のクセに気付けるようになれたのは良い変化だと思います。

ちなみに、気付いた後は、無言で窓の外を眺めることにしました。そしたら、何も起こらなかったです。

健常な方から見たら私はまだまだ幼稚かもしれない。でも、誰に「おまえは幼稚だ」と責められようと、マイペースに、こういう小さな変化を積み重ねて行けたらいいですね!(まとめた)

自分と仲直りする話

「愛されたい」と思いました。

でも叶いませんでした。

少なくとも、あなたの目から見た現実はそうでした。

でも、そんな現実を認めたくありませんでした。

だから「愛されたい」と叫ぶ私を、突き放したね。

そして、愛されるために他人の喜ぶ自分になろうとしたね。

何度も、何度も。今までずっとそうしてきたね。

その結果、今のあなたは何をするにも人の目を気にするようになった。

そんな自分が嫌いなら、もう生きているのも嫌になるのも当たり前で。

今のあなただけを見て、「甘え」とか「勇気が無い」とか言われたら、辛いよね。

辛い、苦しいって、思ってもいいんだよ。

私が苦しいって言っても、あなたは無視してきたよね。

もう無視され慣れてしまった。

悲しかったよ。

許すけど、これからは私の声を聞いてほしい。

私の声だけが、あなたにとっての真実なんだから。

それと、こちらこそ、今まであなたに一人で頑張らせて、ごめんね。

仲直りしよう。

また喧嘩するかもしれないけど、そんな時は今日のことを思いだそう。

何度でもきっとやり直せるよ。

これから、どうかよろしくね。

 

 

自己紹介

こんにちは!(自称)内面と表面のギャップがすごい系女子大生のくさひです。

今回は自己紹介をしようと思います。

 

最近の趣味:夜中に、河川敷に寝そべって星を見ること

短所:自意識過剰、自己否定的

長所:感受性が豊か

嫌いなタイプ:自信の無さを他人で埋めようとする人(ブーメラン)

好きなタイプ:常識を鵜呑みにしない人

 

このブログを開設したのは、自分の思ったことを発信していくことで、なんか良い作用が起こることを期待してのことです。

 

では!読んでくださりありがとうございました。

変わりたい

生きているのが苦しい。

ずっとこのままならいっそ死にたい。

死ぬか生き方を変えるかの二択しか無い。

変わるしかない。

変わる。

何度自分に裏切られても、いつかは絶対に変わる。

私の人生だ。

責めることも許すことも、できるのは私だけだ。

楽しく過ごすための人生なはずなんだ。